笑顔の医者達

誰にでもあるリスク

  • ガッツポーズの医師

    私達が長い人生を歩んでいく中でも、日本人の死因のナンバーワンに君臨している死因はがんです。
    がんは私達の誰でも発症しうる可能性がある病気で、初期の段階で気付くのは難しく、症状が出る頃にはがんが進行している事が多い恐ろしい病気です。
    一昔前までは不治の病と呼ばれて治療が難しかったがんですが、現在では幾つかの治療法と、進行を遅らせることが出来る抗がん剤が登場しています。
    若い世代の方でもがんになってしまう事があるため、若いからといって油断出来ないのも、がんのもつ恐ろしい特徴と言えます。
    また、若い世代は細胞の分裂が活発なので、がんの進行をより早めることになってしまい、重篤化することも多いです。
    その為、がんを早期発見するためにも、がん検診や定期健診が呼びかけられています。

    がんの中でも女性特有のがんで、発症率の高いがんとして知られる物が、乳がんです。
    乳がんは乳房にある乳腺に出来るがんで、自覚症状がほとんどない事が特徴です。
    しかし、この乳がんは自分で見つけることが出来るのも特徴と言えます。
    男性のがんでは肺がんの発症率が多く、肺がんは重症化しやすい事が特徴です。
    また、喫煙習慣が肺がんの発症率に関わってきていると言われています。
    どちらのがんも早期発見をすることにより、治療することが可能な病気です。
    定期的な検診や、おかしいと思ったら医者に掛かるといった事が治療をする上で必要になってくるポイントと言えます。
    がんの治療は、切除に因る外科手術により通常医療での治療、免疫細胞や食品といった代替医療での治療方法があります。

    乳がんや肺がんは、誰にでも発症する可能性があります。
    女性であれば乳がん、喫煙者であれば肺がんのリスクがあります。
    常にがんのリスクを意識して生活をしていくことが大切になります。
    早期発見をして、確実に治療をしましょう。

    がん治療にはたくさん方法がありますがフコダインは効果が高いので知識を持っていると役に立ちますよ。

  • 点滴

    検診方法を知る

    乳がん、肺がんといった病気の治療には早期発見が何よりも大切です。早期に発見することで助かる可能性がグンと上がります。病院で定期健診やがん検診といった検診を受ける事が必要になり、検診にも様々な方法があります。

  • 治療中

    自覚症状が薄い病気

    乳がんや肺がんは発症すると自覚症状が薄いため、なかなか気付くことは出来ません。また、発覚した場合に治療を行う必要があります。外科手術での治療が不可能であれば、薬剤での治療でがんと戦う事ができます。

  • アンプル

    代替治療について

    肺がんや乳がんといった病気は治療を行うためのち療法が幾つかあります。外科手術や薬剤投与の治療の他に、健康食品や免疫細胞をつかった両方も存在します。これらの代替医療と呼ばれる治療法で、がんを治していく事が出来ます。